電磁弁の故障確認(CO2が止まらない場合)

電磁弁が正常に動作するかの確認方法です。
(ボールバルブ・ハンドバルブなども同様にして確認します。)

まず確認のための準備をしてください。
?電磁弁とレギュレターを耐圧チューブで接続してください。
?レギュレターのOUT側にチューブを接続し、チューブ以外は何も付けないでください。
(ジョイントなどCO2の流れの負荷にならないものを除きます。)
?チューブの先は水槽など水に漬けてください。

確認の開始です
?電磁弁を開いてレギュレターからCO2を流します。
?CO2が流れ始めたら電磁弁を閉じてください。

結果です
●CO2が止まったら ⇒ 正常です。
●CO2が流れ続ける場合は ⇒ 故障です。 

対策
電磁弁内の遮断部にゴミなどが不着している可能性があります。
分解清掃・電磁弁のブロー」をご覧ください。

電磁弁とスピードコントローラーの接続位置

■分岐しない場合
レギュレターからの次位に電磁弁またはスピードコントローラーを接続してください。
電磁弁とスピードコントローラーの順序はどちらでも大丈夫です。
レギュレターにスピードコントローラーが付いている場合は、スピードコントローラー→電磁弁の順ということになります。

設置位置による特性として下記のようなことがあります。
●電磁弁の次位にスピードコントローラーを接続すると電磁弁が開放(電源ON)した際に拡散器へCO2が一気に流れるのを防ぐことが出来ます。
●S04Dなど水の使用が出来る電磁弁であれば電磁弁の前位にスピードコントローラーを接続すると電磁弁を逆流防止機能として使用できます。


■分岐をする場合
●電磁弁を1台で使用する場合は、レギュレターと分岐の間に電磁弁を接続し、分岐の後位にスピードコントローラーを各配管毎に接続してください。
レギュレター→電磁弁→分岐→スピードコントローラーの順となります。

●電磁弁を分岐後の各配管毎に接続する場合は、分岐の後位に電磁弁とスピードコントローラーを接続します。分岐の前位にはスピードコントローラーは接続しないでください。
スピードコントローラーと電磁弁の接続順序は分岐しない場合と同じです。

●分岐をする場合、レギュレターに付いているスピードコントローラーは役目を果たしませんのでつまみを大きく開いて開放状態にしてください。

電磁弁をOFFにしてもCO2が止まらない

電磁弁をOFF(閉じても)にしてもCO2が流れ続ける場合があります。

■CO2を霧状にして拡散させる拡散器を使用の場合
拡散器などを使用してCO2を霧状にして添加する器具を使用している場合は、チューブ内に圧力が掛かっているため、電磁弁OFFにした後もチューブ内に残った圧力が下がるまでCO2は流れ続けます。電磁弁から拡散器までのチューブが長いほど止まるまでの時間は長くなります。

■故障の確認方法
?電磁弁のOUT側はチューブだけを接続してください。
(スピードコントローラー・拡散器やカウンターなどは一切つけないでください。)
?OUT側チューブの先を水槽の水に浸けてけてください。
?電磁弁をONにしてCO2を流してください。
?気泡が出るのを確認したら電磁弁をOFFにしてください。
⇒ 泡がすぐに止まれば電磁弁は正常です。

■泡が止まらない場合は
電磁弁をON・OFFした時「カッチ」と音がするか確認してください。機種によっては音が小さいので聞き取りにくい場合があります。
⇒音がする場合は
電磁弁内部にゴミが付着している可能性があります。
電磁弁の分解清掃・ブローを行ってください。
⇒音がしない場合は電磁弁の故障です。  
  

ADA ELバルブのワンタッチ継手の交換

ADAのELバルブのワンタッチ継手(チューブ差込部)が故障した場合は継手の交換が可能です。

商品はハーフユニオン(6mm M5)をお買い求めください。

継手を取り外す際、ネジ止め剤が付いている場合もありますのでゆっくりとネジを回してください。

継手取り付けの際は、軽く締める程度にしてください。M5ネジは細くて折れやすいです。ガスケットが付いていますので軽く締める程度でもガス漏れはしません。


電磁弁をOFFにすると耐圧チューブが抜けてしまいませんか

電磁弁でCO2の供給を停止すると、レギュレータから電磁弁までの圧力が上がってしまい耐圧ホースが抜けてしまうようなことはないのでしょうか?

⇒ 減圧機能を持ったレギュレターを使用の場合、まず抜けることはありません。
耐圧チューブを使用しきちんと接続すれば抜けることはありません。

減圧機能のないレギュレターの場合、電磁弁・ハンドバルブなどで供給を停止すると、耐圧チューブが破裂したり、CO2パーツが故障します。

電磁弁を開いた時に、エァーチューブが外れる

レギュレターの圧力が高い、またはエアーチューブの接続部分が弱っているとCO2の勢いで外れることがあります。

レギュレターの圧力が高い場合は、設定圧力を下げてください。圧力を下げても外れる場合、また圧力固定の場合は電磁弁より後側にスピードコントロラーを取り付けると電磁弁が開いた時の勢いが緩和されます。

エアーチューブの接続部分が弱っているは、エアーチューブの弱っている部分を切断するか、新しいチューブと交換してください。

電磁弁が開いた時、CO2が一気に吹き出す

電磁弁が開いた時、CO2が一気に吹き出すして何となくもったいないような気がするのですが。
⇒電磁弁が開いたときにある程度は一気に噴出しますが、量としては少しです。

電磁弁を開いた時にCO2が一気に流れてバブルカウンターの内にCO2が一気に流れ込む
⇒特にCO2添加に支障がなければそのままで大丈夫ですが、支障があったり、一気に流れるのが心配な場合は電磁弁の後位にスピードコントローラーを接続すれば解消されます。


電磁弁を上下さかさま、立てたり、横に置いたりしても大丈夫ですか

特に使用には問題ありません。

電磁弁を箱に入れて使用したい。

電磁弁は通電時に発熱を生じます。
通風孔を開けたりして熱のこもらないようにしてください。


A01Dの端子をIN側にすることはできますか

端子の向きは簡単に逆転する事ができます。

逆転させる事で、電源コードの方向を変えたり、スピードコントロラーを取付け易くすることが出来ます。

電磁弁上部のネジを外します。


写真のように上部と下部で別れます。


180度反対にしてIN・OUTが逆になるようネジ止めすれば完了です。
     
※注意
取り付けの際パッキンが確実に取り付けられているか確認してください。



※構造上逆転することは問題ありませんが、逆転をした事による故障・事故等が発生いたしても当店は一切責任は持ちません。