ハンドバルブ・ボールバルブ

取り扱いの注意
● 開閉つまみ(レバー)の操作は90度確実に止まるまで廻してください。開閉つまみ(レバー)の操作は90度確実に止まるまで廻してください。廻し不足・切替不十分の場合、ガスが完全に止まらない、導通不良、流量不足の原因となります。
● 切替は必ず手動で行ってください。機械・器具などで行わないでください。
● ゴミ・誇りなどを取り除いた清浄な空気を使用してください。(レギュレターを使用している場合はレギュレター内部のフィルターを通して清浄されています。)
● ハンドバルブには接続方向があります。矢印の方向にガスが流れるように接続してください。
● 最高圧力0.9MPa以内でご使用ください。(ボールバルブ10は0.7MPa以内)
● 水は流さないでください。(ボールバルブ20は下記の条件内で可能です。)
● 水草育成用としてご使用ください。
● お子様の手の届かないところで使用・保管してください。

水使用条件
1.使用温度 0から60℃
2.使用圧力 0.3MPa以内
3.ウォーターハンマー(衝撃流)の無いこと
4.インサートリングを使用すること 

ストップ継手

取り扱い方法
● 最高圧力0.9MPa範囲内でご使用ください。
● 空気(炭酸ガスを含む)以外では使用しないでください。
● 内圧がかかった状態でチューブをストップ継手から開放する場合は内圧によりチューブが飛び出すことがありますので注意してください。
● 接続方向があります。逆方向のチューブを抜いた場合はエアーが止まりませんのでご注意ください。
● 危険な使い方はしないでください。
● ガス漏れをしていないか確認してから使用してください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。

圧力計

取り扱い方法
● 圧力レンジ内の圧力でご使用ください。
● 空気(炭酸ガスを含む)以外では使用しないでください。
● 圧力がかかった状態でチューブを外す場合は圧力によりチューブが飛び出すことがありますので注意してください。
● 圧力の測定をする場合は圧力がかかっている状態にしてください。水草育成のCO2添加で測定する場合は、CO2の添加を止めた状態にして測定してください。
● 危険な使い方はしないでください。
● ガス漏れをしていないか確認してから使用してください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。

異径ユニオンストレート

径の異なる耐圧チューブ同士を接続します。
レギュレター側で径の変換が出来ない場合などに便利です。


異径ユニオンストレートを使用する場合は、レギュレターと異径ユニオンストレートの間に8mmの耐圧チューブが必要です。

異径レジューサー

8mmのワンタッチ継手に差込だけで簡単にアクアリウム用の6mmに変換できる継手です。
ビールサーバー用レギュレターを水草用に使用する場合にお勧めです。

一部、使用が出来ないワンタッチ継手もあります。
こちらのページをご覧ください。


8mmのワンタッチ継手です。


ニップル側を8mmのワンタッチ継手に差込ます。


ニップル側は1cmぐらい入ります。
少々力を入れてググッグって感じで差し込んでください。

チェックバルブ(ユニオンストレート)

取り扱い方法
● 取付け方向があります。側面記号は「IN側 −○>− OUT側」となります。逆に取付けた場合は、逆流防止機能が働きCO2は流れません。
● 水槽水が頻繁にチェックバルブ内に進入する環境で長期間使用すると水垢が溜まり逆流防止機能が劣化することがあります。
● 水草育成用としてご使用ください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。

接続方向

水槽側 −○>−  レギュレター側

写真右側をレギュレター側に左側を水槽側に取り付けてください。

ワンタッチ継手について
● ワンタッチ継手は奥行きが浅いためチューブなどの差込みは、他社のワンタッチ継手に比べ入り込みが少ないです。
● 内部の径が細いため一部の外径6mmのチューブや樹脂製ジョイントが入りにくい場合があります。
特に接続ジョイントについては接続がし難いです。接続ジョイント(ショートタイプ)、白色タイプまたはADAジョイントスティックのご使用をお勧め致します。
1