安全封板・二重安全封板

●安全封板
過熱状態になると、安全装置の「安全封板」が確実に作動し、ガスを少量ずつ放出させ、破裂や飛翔などによる事故を未然に防ぎます。
ミニガスカートリッジの内圧が上昇すると、安全封板(蓋部)にミクロの亀裂が発生。その亀裂からガスを少量ずつ放出させることで、破裂や飛翔の危険を防ぎます。


●二重安全封板
通常の安全封板の性能に、更に安全性を付加した「二重安全封板」は、万が一、外部との接触や落下などにより安全封板に穴が開いた場合でも、ミニガスカートリッジ内に設けられている二つ目の安全装置の小口径オリフィスが、ガスを少量ずつ放出させることで、充填されたガスが一気に放出されるのを防ぎ、飛翔などによる事故を未然に防ぎます。

海外の大型ボンベを使用したい

使用は可能ですが、国内ではCO2の充填・検査は出来ません。

緑のボンベは国内の大型ボンベ用レギュレターにそのまま使用が出来ます。

グレー・黒色のボンベは規格が異なるため使用が出来ません。


大型ボンベとレギュレターの接続部分のガス漏れ

レギュレターを大型ボンベにしっかり取り付けた際には、ガス漏れの確認を行ってください。

しっかり取り付けたつもりでも少しガスが漏れている場合もあります。
ガスはすぐにはなくなりません。1週間から1ヶ月ほどで空になるまで掛かります。

確認方法はボンベのバルブを開いた状態で接続部分に石鹸水を塗布して泡がでるか見てください。
泡が出た場合はガス漏れしています。
下記のように対処してください。

一度緩めてから締め直してください。
※緩めずにそのまま締め込んでもガス漏れが止まらない場合もあります。一度緩めてから締め直すことをお勧めします。)

ボンベを取り付けて1日ぐらいで空になった。(小型ボンベ)

ガス漏れしています。
ボンベがすぐに空になる。ガス漏れしているをご覧ください。

CO2ボンベを横にお置いて使用したい

CO2ボンベの中身は液化炭酸ガスです。
横にしたまま使用するとレギュレターに液体のまま侵入することがあり、故障の原因となります。
CO2ボンベ必ず立ててご使用ください。





1