大型ボンベ用レギュレターの取り扱方法・注意

ボンベへの取り付け

? レギュレターのバルブ(圧力調整ダイヤル)が閉または0になっていることを確認してください。(圧力固定式は除く)
? レギュレターにパッキンが付いているか確認してください。また、パッキンに傷・破損がないか確認してください。
? レギュレターをボンベに取り付けます。レンチでしっかりと締め付けてください。
? ボンベのバルブを開きます。バルブは少し開く程度で十分です。

■注意
ボンベのバルブを開くときはレギュレターの正面には立たないでください。レギュレターの側面または後方に立ってバルブを開いてください。



■取り扱い説明 

CO2(二酸化炭酸ガス)について
CO2(二酸化炭酸ガス)は無色・無臭の不燃性の気体です。ボンベ内のCO2(二酸化炭酸ガス)は、液化されておりますが、外気にさらされることにより急激に冷却され直接触れると凍傷を起こす恐れがあります。また、一時大量にCO2(二酸化炭酸ガス)を吸い込むとたいへん危険ですので取り扱いには充分注意してください。

ご使用場所について
 
◆屋内でご使用ください。
◆湿気の多い場所、水滴、海水のかかる場所、振動の多い場所、過度の衝撃の加わる場所でのご使用は避けてください。
◆蛍光灯・電気カーペットの上など温度が高くなる場所、直射日光に当たる場所、埃の多い場所、化学薬品等により腐食しやすい場所では使用、または保管しないでください。
◆周辺温度が0℃〜40℃の場所でご使用ください。
◆不安定な場所には置かないでください。


!危 険 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ CO2(二酸化炭酸ガス)以外のガスは使用しないでください。
◆ 分解・改造は絶対にしないでください。
◆ CO2(二酸化炭酸ガス)の吐出口を口元には絶対向けないでください。
◆ 周辺温度が0℃以下、40℃以上の場所では使用しないでください。


!警 告 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ お子様の手の届かない場所に設置・保管してください。怪我や機器の破損の恐れがあります。
◆ お子様がパーツ類を飲み込まないようにしてください。窒息する恐れがあります。
◆ レギュレター・CO2ボンベの加熱・冷却は行わないでください。
◆ CO2ボンベは空になるまで絶対に取り外さないでください。
◆ 水洗い・洗剤などの浸し洗いは絶対にしないでください。
◆ ガス漏れ等の異常があった場合は、すみやかに使用を中止してください。
◆ CO2機器は一般産業用機械部品です。十分な知識と経験を持った人が取り扱ってください。
◆ 各機器の取り外し・交換は必ずガスを止め残圧がないことを確認して行ってください。
◆ ワンタッチ継手の開放リングは圧力がかかっているときは絶対に触れないでください。触れる事によりチューブが抜ける事があります。


!注 意 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ 人に向かってガスを噴射しないでください。
◆ 配管の際、配管内のゴミなどを取り除き使用してください。
◆ 水を通さないでください。また、水の中に入れないでください。(水の通せるものは除きます。)
◆ 水の浸入を防ぐため逆流防止対策を行ってください。
◆ 落としたり、強い衝撃を与えないでください。
◆ 霜が付着した場合、直接手で触れずタオルなどを巻いて取り扱ってください。
◆ 濡れた手では取り扱わないでください。
◆ 危険な取り扱いはしないでください。


■水草育成向けに使用の場合の注意


● レギュレターのバルブを開くときはスピードコントローラーを閉または少し開いた程度にしておいてください。一気にガスが流れた場合、拡散器などの配管が外れる恐れがあります。
● 炭酸ガス添加の微調整は吐出口のスピードコントロラーで行ってください。
(レギュレターの吐出口のワンタッチ継手部分はスピードコントロラーです。)
● 電磁弁・ハンドバルブを使用しない場合は、圧力調節ダイヤルで添加の入り切りを行ってください。
スピードコントロラーは添加量を固定したらできるだけ動かさないようにしてください。
● 圧力の設定は特に決まった数値はありません。0.15から0.3MPaの範囲に設定すればいいと思います。


残量計につい 

残量計はボンベの内圧を表示しています。量が多くても少なくても大体半分ぐらいの位置(6MPa付近)を指しています。
内圧は外気温により変化し、温度が低いと内圧が下がり、残量計は少ない表示されます。逆に温度が高い場合は残量計が多く表示されます。
残量計は残量がある・ないの確認程度に見てください。

初めてセット取扱説明

■接続方法

1.各パーツの接続は下の図を参考にしてください。
2.レギュレターとスピードコントローラーの間は必ず耐圧チューブで接続をしてください。
3.レギュレターへのボンベ装着は下記を参照にしてください。

●高温・低温(気温40度以上、0度以下になる場所)、湿気の多い場所、腐食しやすい場所での使用・保管はしないでください。
●ボンベスタンドを使用し必ず立てて使用してください。また使用しない場合でもボンベ装着後のレギュレターは立てて保管してください。
●耐圧チューブの切り口(端)は真直ぐに切れているか確認してください。切り口が斜めやギザギザの場合、接続部からガス漏れする恐れがあります。
●耐圧チューブは必ずワンタッチ継手の置くまで差し込んでください。挿し込みが不十分な場合はガス漏れする恐れがあります。


拡大写真


※スピードコントローラーSPW・SQWの場合の接続です。
スピードコントローラーSPK・SQKは上記画像のIN・OUT逆に接続してください。(スピードコントローラーに同封の説明書の接続図を参照してください。)


■ボンベ取り付け方法


1.レギュレター上部の開閉バルブを「閉」の方向へいっぱいに回してください。
2.レギュレター下部のボンベ取り付け部にボンベを装着します。時計回りに素早く挿入してください。このときガスが漏れることがありますがそのまま止まるまでセットしてください。

●ボンベ装着の際は素手で行わないでください。手袋などを使用してください。
●器具を使わず手で取り付けをしてください。
●ボンベ装着の際、吹き出したガスが顔や手に掛からないようにしてください。
●ボンベ装着の際、黒いバルブを上にして取り付けてください。


■CO2の添加方法


レギュレターにボンベを取り付け、接続図のように接続をしてから行ってください。

1.レギュレター上部の開閉バルブを「開」の方向へいっぱいに回してください。
2.スピードコントローラーの微調整つまみをゆっくり回してCO2の添加量を調整してください。CO2の量はバブルカウンターに流れる気泡の量で確認してください。
3.CO2添加のオン・オフはレギュレターの開閉バルブで行ってください。

●CO2の添加量は水槽のサイズ、水草の種類、量などによって異なります。水草や生態の状態、CO2、pH測定器などで確認しながら適正な量のCO2を添加してください。
●スピードコントローラーはCO2の添加量の調整だけに使用してください。CO2添加のオン・オフには使用しないでください。


■ボンベの取り外し


●レギュレターから耐圧チューブを外し、開閉バルブを「開」にしてCO2が出ないことを確認してボンベを取り外してください。
●CO2が残っているボンベを取り外すとガスが急激に噴出し、事故・怪我の原因となりますので絶対にしないでください。
●使用済みのボンベは封板に穴が開いていることを確認してから不燃物として処分してください。


※バブルカウンター・CO2逆止弁・CO2アトマイザー・スピードコントローラーは各パーツの取り扱い説明をご覧ください。

大型ボンベ用レギュレターの取り扱方法・注意

移動しました。
クリックしてください。
http://greens.mizukusa.shop-pro.jp/?eid=53984

R403・R405レギュレター

CO2(二酸化炭酸ガス)について
CO2(二酸化炭酸ガス)は無色・無臭の不燃性の気体です。ボンベ内のCO2(二酸化炭酸ガス)は、液化されておりますが、外気にさらされることにより急激に冷却され直接触れると凍傷を起こす恐れがあります。また、一時大量にCO2(二酸化炭酸ガス)を吸い込むとたいへん危険ですので取り扱いには充分注意してください。

ご使用場所について
◆ 屋内でご使用ください。
◆ 湿気の多い場所、水滴、海水のかかる場所、振動の多い場所、過度の衝撃の加わる場所でのご使用は避けてください。
◆ 蛍光灯・電気カーペットの上など温度が高くなる場所、直射日光に当たる場所、埃の多い場所、化学薬品等により腐食しやすい場所では使用、または保管しないでください。
◆ 周辺温度が0℃〜40℃の場所でご使用ください。
◆ 不安定な場所には置かないでください。

!危 険 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ CO2(二酸化炭酸ガス)以外のガスは使用しないでください。
◆ 分解・改造は絶対にしないでください。
◆ CO2(二酸化炭酸ガス)の吐出口を口元には絶対向けないでください。
◆ 周辺温度が0℃以下、40℃以上の場所では使用しないでください。

!警 告
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。
 

◆ お子様の手の届かない場所に設置・保管してください。怪我や機器の破損の恐れがあります。
◆ お子様がパーツ類を飲み込まないようにしてください。窒息する恐れがあります。
◆ レギュレター・CO2ボンベの加熱・冷却は行わないでください。
◆ CO2ボンベは空になるまで絶対に取り外さないでください。
◆ 水洗い・洗剤などの浸し洗いは絶対にしないでください。
◆ ガス漏れ等の異常があった場合は、すみやかに使用を中止してください。
◆ CO2機器は一般産業用機械部品です。十分な知識と経験を持った人が取り扱ってください。
◆ 各機器の取り外し・交換は必ずガスを止め残圧がないことを確認して行ってください。
◆ ワンタッチ継手の開放リングは圧力がかかっているときは絶対に触れないでください。触れる事によりチューブが抜ける事があります。

!注 意 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。


◆ 人に向かってガスを噴射しないでください。
◆ 配管の際、配管内のゴミなどを取り除き使用してください。
◆ 水を通さないでください。また、水の中に入れないでください。(水の通せるものは除きます。)
◆ 水の浸入を防ぐため逆流防止対策を行ってください。
◆ 落としたり、強い衝撃を与えないでください。
◆ 霜が付着した場合、直接手で触れずタオルなどを巻いて取り扱ってください。
◆ 濡れた手では取り扱わないでください。
◆ 危険な取り扱いはしないでください。


■使用上の注意
ボンベスタンドを使用し必ず立てて使用してください。また使用しない場合でもボンベ装着後のレギュレターは立てて保管してください。
耐圧チューブの切り口(端)は真直ぐに切れているか確認してください。切り口が斜めやギザギザの場合、 接続部からガス漏れする恐れがあります。
耐圧チューブは必ずワンタッチ継手の置くまで差し込んでください。挿し込みが不十分な場合はガス漏れする恐れがあります。


■ボンベ取り付け方法
1.レギュレターの開閉バルブを「閉」の方向へいっぱいに回してください。
2.レギュレター下部のボンベ取り付け部にボンベを装着します。時計回りに素早く挿入してください。 このときガスが漏れることがありますがそのまま止まるまでセットしてください。

※ボンベ装着の際の注意
ボンベ装着の際は素手で行わないでください。手袋などを使用してください。
器具を使わず手で取り付けをしてください。
ボンベ装着の際、吹き出したガスが顔や手に掛からないようにしてください。
ボンベ装着の際、開閉バルブが上になるようにして取り付けてください。
R403レギュレター
R402レギュレター
開閉バルブ

■CO2の添加方法
レギュレターにボンベを取り付け、接続図のように接続をしてから行ってください。
スピードコントローラーの調節つまみを時計回りにいっぱいまで回して閉じた状態にしてください。
レギュレターの開閉バルブを「開」の方向へいっぱに回してください。
スピードコントローラーの微調整つまみをゆっくり回してCO2の添加量を調整してください。CO2の量はバブルカウンターに流れる気泡の量で確認してください。

※CO2添加上の注意

CO2添加のオン・オフはレギュレターの開閉バルブで行ってください。
スピードコントローラーはCO2の添加量の調整だけに使用してください。CO2添加のオン・オフには使用しないでください。
CO2の添加量は水槽のサイズ、水草の種類、量などによって異なります。水草や生態の状態、CO2、pH測定器などで確認しながら適正な量のCO2を添加してください。

CO2添加接続例(初めてセットの内容の接続例です。)



■ボンベの取り外し

レギュレターから耐圧チューブを外し、開閉バルブを「閉」にしてCO2が出ないことを確認してボンベを取り外してください。
CO2が残っているボンベを取り外すとガスが急激に噴出し、事故・怪我の原因となりますので絶対にしないでください。
使用済みのボンベは封板に穴が開いていることを確認してから不燃物として処分してください。

※急激なガス漏れによりボンベが空になった場合は、必ずボンベが空になってから1時間以上そのままにした状態にしてからゆっくりと外してください。
すぐにボンベを外しますとパッキンが変形したり外れてしまいます。

※ボンベが硬く取り外し出来ない場合はバルブを開いた状態で一晩程度おいてください。ネジが緩み取り外し易くなります。


各部の名称


●圧力の設定は水草育成では決まった圧力はありませんが、0.2MPから0.35MPaぐらいの範囲内で設定するようにしてください。
●R101はビールサーバー用のため取付ステーが付いています。取り外しても問題はありません。
● ガス抜きはボンベ取付部のネジ部の溝で行います。
シールテープを巻いたCO2ボンベの場合、ボンベ取り外しの際などのガス抜きができないため大変危険ですので絶対に使用しないようにしてください。
●パッキン交換可能です。。
高耐圧製のパッキンを使用しており通常使用の範囲ないであれば交換は不要です。
● 精密機器です、大きな衝撃を与えないでください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。

ボンベの取り付けは、CO2ボンベの取り扱いをご覧ください。
>>こちら


圧力設定
R403:0.15MPa
R405:0.35MPa
(閉位置から開位置まで可変可能)

対応ボンベ:5/8X18UNF





R101・102・103レギュレター

CO2(二酸化炭酸ガス)について
CO2(二酸化炭酸ガス)は無色・無臭の不燃性の気体です。ボンベ内のCO2(二酸化炭酸ガス)は、液化されておりますが、外気にさらされることにより急激に冷却され直接触れると凍傷を起こす恐れがあります。また、一時大量にCO2(二酸化炭酸ガス)を吸い込むとたいへん危険ですので取り扱いには充分注意してください。

ご使用場所について
◆ 屋内でご使用ください。
◆ 湿気の多い場所、水滴、海水のかかる場所、振動の多い場所、過度の衝撃の加わる場所でのご使用は避けてください。
◆ 蛍光灯・電気カーペットの上など温度が高くなる場所、直射日光に当たる場所、埃の多い場所、化学薬品等により腐食しやすい場所では使用、または保管しないでください。
◆ 周辺温度が0℃〜40℃の場所でご使用ください。
◆ 不安定な場所には置かないでください。

!危 険 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ CO2(二酸化炭酸ガス)以外のガスは使用しないでください。
◆ 分解・改造は絶対にしないでください。
◆ CO2(二酸化炭酸ガス)の吐出口を口元には絶対向けないでください。
◆ 周辺温度が0℃以下、40℃以上の場所では使用しないでください。

!警 告
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。
 

◆ お子様の手の届かない場所に設置・保管してください。怪我や機器の破損の恐れがあります。
◆ お子様がパーツ類を飲み込まないようにしてください。窒息する恐れがあります。
◆ レギュレター・CO2ボンベの加熱・冷却は行わないでください。
◆ CO2ボンベは空になるまで絶対に取り外さないでください。
◆ 水洗い・洗剤などの浸し洗いは絶対にしないでください。
◆ ガス漏れ等の異常があった場合は、すみやかに使用を中止してください。
◆ CO2機器は一般産業用機械部品です。十分な知識と経験を持った人が取り扱ってください。
◆ 各機器の取り外し・交換は必ずガスを止め残圧がないことを確認して行ってください。
◆ ワンタッチ継手の開放リングは圧力がかかっているときは絶対に触れないでください。触れる事によりチューブが抜ける事があります。

!注 意 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。


◆ 人に向かってガスを噴射しないでください。
◆ 配管の際、配管内のゴミなどを取り除き使用してください。
◆ 水を通さないでください。また、水の中に入れないでください。(水の通せるものは除きます。)
◆ 水の浸入を防ぐため逆流防止対策を行ってください。
◆ 落としたり、強い衝撃を与えないでください。
◆ 霜が付着した場合、直接手で触れずタオルなどを巻いて取り扱ってください。
◆ 濡れた手では取り扱わないでください。
◆ 危険な取り扱いはしないでください。


■使用上の注意
ボンベスタンドを使用し必ず立てて使用してください。また使用しない場合でもボンベ装着後のレギュレターは立てて保管してください。
耐圧チューブの切り口(端)は真直ぐに切れているか確認してください。切り口が斜めやギザギザの場合、 接続部からガス漏れする恐れがあります。
耐圧チューブは必ずワンタッチ継手の置くまで差し込んでください。挿し込みが不十分な場合はガス漏れする恐れがあります。


■ボンベ取り付け方法
1.レギュレターの開閉バルブを「OFF」の方向へいっぱいに回してください。
2.レギュレター下部のボンベ取り付け部にボンベを装着します。時計回りに素早く挿入してください。 このときガスが漏れることがありますがそのまま止まるまでセットしてください。

※ボンベ装着の際の注意
ボンベ装着の際は素手で行わないでください。手袋などを使用してください。
器具を使わず手で取り付けをしてください。
ボンベ装着の際、吹き出したガスが顔や手に掛からないようにしてください。
ボンベ装着の際、開閉バルブが上になるようにして取り付けてください。

開閉バルブ

■CO2の添加方法
レギュレターにボンベを取り付け、接続図のように接続をしてから行ってください。
スピードコントローラーの調節つまみを時計回りにいっぱいまで回して閉じた状態にしてください。
レギュレターの開閉バルブを「HI」の方向へ回してください。
開閉バルブをまわすと圧力計の針が動きます。圧力は0.2から0.3MPaの範囲内に設定してください。
スピードコントローラーの微調整つまみをゆっくり回してCO2の添加量を調整してください。CO2の量はバブルカウンターに流れる気泡の量で確認してください。

※CO2添加上の注意

CO2添加のオン・オフはレギュレターの開閉バルブで行ってください。
スピードコントローラーはCO2の添加量の調整だけに使用してください。CO2添加のオン・オフには使用しないでください。
CO2の添加量は水槽のサイズ、水草の種類、量などによって異なります。水草や生態の状態、CO2、pH測定器などで確認しながら適正な量のCO2を添加してください。

CO2添加接続例(初めてセットの内容の接続例です。)



■ボンベの取り外し

レギュレターから耐圧チューブを外し、開閉バルブを「HI」にしてCO2が出ないことを確認してボンベを取り外してください。
CO2が残っているボンベを取り外すとガスが急激に噴出し、事故・怪我の原因となりますので絶対にしないでください。
使用済みのボンベは封板に穴が開いていることを確認してから不燃物として処分してください。

各部の名称


●圧力の設定は水草育成では決まった圧力はありませんが、0.2MPから0.35MPaぐらいの範囲内で設定するようにしてください。
●R101はビールサーバー用のため取付ステーが付いています。取り外しても問題はありません。
● ガス抜きはボンベ取付部のネジ部の溝で行います。
シールテープを巻いたCO2ボンベの場合、ボンベ取り外しの際などのガス抜きができないため大変危険ですので絶対に使用しないようにしてください。
●パッキン交換可能です。。
高耐圧製のパッキンを使用しており通常使用の範囲ないであれば交換は不要です。
● 精密機器です、大きな衝撃を与えないでください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。

ボンベの取り付けは、CO2ボンベの取り扱いをご覧ください。
>>こちら


圧力可変式 
R101:0から0.35MPa)
R102・R103:0から0.5MPa)

対応ボンベ
R101・R103:5/8X18UNF
R102:M16−P1.25




変換アダプター

取り付け方法

? レギュレターのボンベ挿入部のパッキンが取り付けているか確認してください。パッキンにキズ・破損等がありましたらアダプターを取り付ける前に交換してください。


? アダプターのパッキンにキス・破損がないことを確認してください。
(アダプターにははじめからパッキンを取り付けています。)


? レギュレターにアダプターを取り付けます。このときスパナなどの器具は使わないでください。レギュレターやアダプターを破損する場合があります。




? アダプターにボンベを取り付けます。少しガスが吹き出しますが、そのまま一気にねじ込んでください。


取り扱いの注意

● 一度ボンベを取り付けたらガスが完全になくなるまで絶対にはずさないでください。(ストップ機能は付いていません。)
● レギュレターにアダプターを取り付けてからボンベを取り付けてください。
● アダプター側面の穴は塞がないでください。(下記参照)
● ネジ径の合わないボンベ・レギュレターへは使用しないでください。
● レギュレターメーカーの公認商品ではありません。レギュレターへの取付けは自己の責任において行ってください。
● 炭酸ガス以外は使用しないでください。
● CO2ボンベの取付けはCO2ボンベの取扱説明もご覧ください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。


アダプター側面の小穴はガス抜きのための穴です。絶対に塞がないようにしてください。

パッキンについて

● アダプターのパッキンはボンベ挿入部(メスネジ部分)の奥に取り付けています。パッキンが付いていない場合はボンベを取り付けないでください。


● パッキン取り付け済みですが、パッキンが付いていないこともありますのでボンベを取り付ける際は必ずパッキンの取り付けの有無の確認を行ってください。


ガス漏れする場合は

? 更にボンベをねじ込んでください。(ガス漏れがとまらない場合は?へ)
? ボンベが空になってからボンベをアダプターから取り外してパッキンを確認してください。
・パッキンが取り付けていなかった場合は → パッキンを取り付けてください。
・パッキンが破損していた場合は → パッキンを交換してください。
・パッキンに問題がない場合は → 当店までご連絡ください。
 
※いかなる場合であってもガス漏れによるボンベの補償は致しません。

テトラ ニューレギュレター

テトラニューレギュレターについて

【大型ボンベ接続アダプターは使用できますか。】
→機能的には使用可能です。ただし当店にはテトラのレギュレターに対応する大型ボンベ接続アダプターの取り扱いがありませんので、ネジ径変換のためアダプターを2個取り付けていただく必要があります。
・大型ボンベ接続アダプター(汎用規格) 大型ボンベから汎用規格へ変換
・HT変換アダプター 汎用規格からテトラの規格へ変換

【電磁弁は使用できますか】
→使用できます。
テトラのレギュレターのチューブ接続部は太いタケノコ継手になっているため耐圧チューブの取り付けがし難いです。チューブをお湯などで温めると取り付けがし易いです。

【汎用規格のボンベは取り付けできますか】
→HT変換アダプターを使用すれば汎用規格のボンベも使用できます。

1