電磁弁とスピードコントローラーの接続位置

■分岐しない場合
レギュレターからの次位に電磁弁またはスピードコントローラーを接続してください。
電磁弁とスピードコントローラーの順序はどちらでも大丈夫です。
レギュレターにスピードコントローラーが付いている場合は、スピードコントローラー→電磁弁の順ということになります。

設置位置による特性として下記のようなことがあります。
●電磁弁の次位にスピードコントローラーを接続すると電磁弁が開放(電源ON)した際に拡散器へCO2が一気に流れるのを防ぐことが出来ます。
●S04Dなど水の使用が出来る電磁弁であれば電磁弁の前位にスピードコントローラーを接続すると電磁弁を逆流防止機能として使用できます。


■分岐をする場合
●電磁弁を1台で使用する場合は、レギュレターと分岐の間に電磁弁を接続し、分岐の後位にスピードコントローラーを各配管毎に接続してください。
レギュレター→電磁弁→分岐→スピードコントローラーの順となります。

●電磁弁を分岐後の各配管毎に接続する場合は、分岐の後位に電磁弁とスピードコントローラーを接続します。分岐の前位にはスピードコントローラーは接続しないでください。
スピードコントローラーと電磁弁の接続順序は分岐しない場合と同じです。

●分岐をする場合、レギュレターに付いているスピードコントローラーは役目を果たしませんのでつまみを大きく開いて開放状態にしてください。