電磁弁の故障確認(CO2が止まらない場合)

電磁弁が正常に動作するかの確認方法です。
(ボールバルブ・ハンドバルブなども同様にして確認します。)

まず確認のための準備をしてください。
?電磁弁とレギュレターを耐圧チューブで接続してください。
?レギュレターのOUT側にチューブを接続し、チューブ以外は何も付けないでください。
(ジョイントなどCO2の流れの負荷にならないものを除きます。)
?チューブの先は水槽など水に漬けてください。

確認の開始です
?電磁弁を開いてレギュレターからCO2を流します。
?CO2が流れ始めたら電磁弁を閉じてください。

結果です
●CO2が止まったら ⇒ 正常です。
●CO2が流れ続ける場合は ⇒ 故障です。 

対策
電磁弁内の遮断部にゴミなどが不着している可能性があります。
分解清掃・電磁弁のブロー」をご覧ください。