大型ボンベ用レギュレターの取り扱方法・注意

ボンベへの取り付け

? レギュレターのバルブ(圧力調整ダイヤル)が閉または0になっていることを確認してください。(圧力固定式は除く)
? レギュレターにパッキンが付いているか確認してください。また、パッキンに傷・破損がないか確認してください。
? レギュレターをボンベに取り付けます。レンチでしっかりと締め付けてください。
? ボンベのバルブを開きます。バルブは少し開く程度で十分です。

■注意
ボンベのバルブを開くときはレギュレターの正面には立たないでください。レギュレターの側面または後方に立ってバルブを開いてください。



■取り扱い説明 

CO2(二酸化炭酸ガス)について
CO2(二酸化炭酸ガス)は無色・無臭の不燃性の気体です。ボンベ内のCO2(二酸化炭酸ガス)は、液化されておりますが、外気にさらされることにより急激に冷却され直接触れると凍傷を起こす恐れがあります。また、一時大量にCO2(二酸化炭酸ガス)を吸い込むとたいへん危険ですので取り扱いには充分注意してください。

ご使用場所について
 
◆屋内でご使用ください。
◆湿気の多い場所、水滴、海水のかかる場所、振動の多い場所、過度の衝撃の加わる場所でのご使用は避けてください。
◆蛍光灯・電気カーペットの上など温度が高くなる場所、直射日光に当たる場所、埃の多い場所、化学薬品等により腐食しやすい場所では使用、または保管しないでください。
◆周辺温度が0℃〜40℃の場所でご使用ください。
◆不安定な場所には置かないでください。


!危 険 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ CO2(二酸化炭酸ガス)以外のガスは使用しないでください。
◆ 分解・改造は絶対にしないでください。
◆ CO2(二酸化炭酸ガス)の吐出口を口元には絶対向けないでください。
◆ 周辺温度が0℃以下、40℃以上の場所では使用しないでください。


!警 告 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ お子様の手の届かない場所に設置・保管してください。怪我や機器の破損の恐れがあります。
◆ お子様がパーツ類を飲み込まないようにしてください。窒息する恐れがあります。
◆ レギュレター・CO2ボンベの加熱・冷却は行わないでください。
◆ CO2ボンベは空になるまで絶対に取り外さないでください。
◆ 水洗い・洗剤などの浸し洗いは絶対にしないでください。
◆ ガス漏れ等の異常があった場合は、すみやかに使用を中止してください。
◆ CO2機器は一般産業用機械部品です。十分な知識と経験を持った人が取り扱ってください。
◆ 各機器の取り外し・交換は必ずガスを止め残圧がないことを確認して行ってください。
◆ ワンタッチ継手の開放リングは圧力がかかっているときは絶対に触れないでください。触れる事によりチューブが抜ける事があります。


!注 意 
怪我・事故・故障の原因となりますので絶対に行わないでください。

◆ 人に向かってガスを噴射しないでください。
◆ 配管の際、配管内のゴミなどを取り除き使用してください。
◆ 水を通さないでください。また、水の中に入れないでください。(水の通せるものは除きます。)
◆ 水の浸入を防ぐため逆流防止対策を行ってください。
◆ 落としたり、強い衝撃を与えないでください。
◆ 霜が付着した場合、直接手で触れずタオルなどを巻いて取り扱ってください。
◆ 濡れた手では取り扱わないでください。
◆ 危険な取り扱いはしないでください。


■水草育成向けに使用の場合の注意


● レギュレターのバルブを開くときはスピードコントローラーを閉または少し開いた程度にしておいてください。一気にガスが流れた場合、拡散器などの配管が外れる恐れがあります。
● 炭酸ガス添加の微調整は吐出口のスピードコントロラーで行ってください。
(レギュレターの吐出口のワンタッチ継手部分はスピードコントロラーです。)
● 電磁弁・ハンドバルブを使用しない場合は、圧力調節ダイヤルで添加の入り切りを行ってください。
スピードコントロラーは添加量を固定したらできるだけ動かさないようにしてください。
● 圧力の設定は特に決まった数値はありません。0.15から0.3MPaの範囲に設定すればいいと思います。


残量計につい 

残量計はボンベの内圧を表示しています。量が多くても少なくても大体半分ぐらいの位置(6MPa付近)を指しています。
内圧は外気温により変化し、温度が低いと内圧が下がり、残量計は少ない表示されます。逆に温度が高い場合は残量計が多く表示されます。
残量計は残量がある・ないの確認程度に見てください。