ボンベ(小型ボンベ)の詰め替えについて

小型ボンベの詰め替えについて行っているところがあるかどうかは分かりませんが、商用レベルで行っているところはないと思います。

ボンベを詰め替えすると「安くなるのでは」と思われる方が多いですが、炭酸ガスはシャンプーやジュースの詰め替えとは違い高圧で封入されます。
このため封入する容器には安全性が求められます。

一度使用して空になったボンベはどのように管理されたか不明です。ボンベは高度な安全性が求められ、もしボンベに異常があると大変危険です。

私なりに考えたボンベを詰め替えしない理由です。
・空のボンベは、回収までの管理状態がわからない。
・ボンベの詰め替えをするとなった場合、詰め替えに問題がないかボンベの検査が必要となる。
・回収・保管・検査などの手間・コストがかかる。
・新品の方が安全でコストが安い(←この理由が一番と思います。)

なお大型ボンベ(みどぼん)はバルブが付いているので、水やゴミの浸入する可能性が低く再充填を前提に堅牢に作られています。

空になったボンベはまだ使用できるようで、もったいない気がしますが、必ず空にしてから不燃物として処理してください。

(プッシュ式のボンベは圧力があまり高くないようですので個人レベルで再充填している方がいるようです。)