タケノコ継手タイプのレギュレターの場合の耐圧チューブの取り付け

レギュレターのチューブ取り付け部が写真のようなタケノコ継手で、継手の交換が出来ない場合は、異径ユニオンストレートを使用してチューブの径を変換します。

タケノコ継手にタケノコ継手のサイズにあったチューブを接続します。
(ビールサーバー用レギュレターの場合は、ほとんどの場合、外径8mmのチューブが相当します。)

  
※チューブが入り難い場合はお湯などで温めて柔らかくしてから取り付けしてください。

タケノコ継手に接続したチューブとアクアリウム用の外径6mmチューブをユニオンストレートで接続します。

緑色が8mmチューブ、透明青色のチューブが6mmチューブ