低速制御型スピードコントローラーとは

低速制御型スピードコントローラーとは
低速制御型スピードコントローラーは流量のCO2しか流れませんので、微調整がしやすくなっております。
また仕様ではガス漏れを許容しておりますが、実際にはガス漏れを生じることはほとんどありません。
(ガス漏れを生じる場合は、当店独自で交換いたします。)
調整つまみが小さい、小型でレギュレターをあわせると見た目が悪いなどセールス的には良くありませんのでアクアブランドでは使用されていないと思いますがこれらを気にしないのであれば絶対のお勧めです。

低速制御型スピードコントローラーにはPタイプとQタイプがあります。
PとQ型では性能の違いはありません。
ワンタッチ継手の回転箇所がPタイプが1箇所、Qタイプが2箇所になります。
Qタイプの方がいろいろな方向にワンタッチ継手を向けることができるメリットがあります。

スピードコントローラーP型
※商品名にPが入ったスピードコントローラー(SPW・SP2など)

スピードコントローラーQ型
※※商品名にQが入ったスピードコントローラー(SQW・SQ2など)

各タイプともメーターアウトとメーターインの2種類があります。
メーターアウトはネジ側からワンタッチ継手にCO2が流れるタイプです。
スピードコントローラーSPW・SQW・SPG・SQG・分岐一体型各種・レギュレターや電磁弁に取り付け用に使用しています。

メーターインはワンタッチ継手からネジ側にCO2が流れるタイプです。
SPT・SQT・SPK・SQKなどエアーチューブに接続できるタイプとSPC・SQC(チェックバルブ付き)に使用しています。