チューブを長くしたい

【レギュレターから水槽(拡散器)まで距離がありチューブを長くする必要がある場合は。】
スピードコントローラーを水槽近くに接続しレギュレターとスピードコントローラーの間を耐圧チューブで接続してください。
※レギュレターからスピードコントローラーまではチューブが長くても問題ありません。
※レギュレターにスピードコントローラーが付いているタイプのレギュレターを使用している場合は別途スピードコントローラーを使用することをお勧めします。

スピードコントローラーから拡散器までチューブが長いと微調整が難しくなったり、安定しない場合があります。
スピードコントローラーから拡散器までどうしても長くなる場合は極力耐圧チューブを使用するようにしてください。