安全封板・二重安全封板

●安全封板
過熱状態になると、安全装置の「安全封板」が確実に作動し、ガスを少量ずつ放出させ、破裂や飛翔などによる事故を未然に防ぎます。
ミニガスカートリッジの内圧が上昇すると、安全封板(蓋部)にミクロの亀裂が発生。その亀裂からガスを少量ずつ放出させることで、破裂や飛翔の危険を防ぎます。


●二重安全封板
通常の安全封板の性能に、更に安全性を付加した「二重安全封板」は、万が一、外部との接触や落下などにより安全封板に穴が開いた場合でも、ミニガスカートリッジ内に設けられている二つ目の安全装置の小口径オリフィスが、ガスを少量ずつ放出させることで、充填されたガスが一気に放出されるのを防ぎ、飛翔などによる事故を未然に防ぎます。