RO浄水器

初回使用するときはフラッシングを行ってください。

まずセディメントフィルターをフラッシングします。
セディメントフィルターのIN側に水道からのチューブを接続します。


セディメントフィルタとメンブレンと接続するチューブを外してください。

(メンブレンに水が流れないようにします。)

準備が完了したら水道水を流してフラッシングを行います。
水道水を20Lほど流してください。
その後排水に濁りが無いことを確認してからチューブを元に戻します。

メンブレンにフラッシングを行います。
チューブを元に戻して、メンブレンに水が流れるようにします。
リストレクター&フラッシングバルブをフラッシングの位置にして約10分間通水します。
次にリストレクター&フラッシングバルブを生産位置にして約120分通水をします。
※フラッシング時の水は排水・生産水とも捨ててください。

イオンプラスのフラッシング
メンブレンの次に接続しているのがイオン交換樹脂です。
メンブレンからのチューブを外して直接水道からのチューブを接続してください。
水道水を約10分間流してください。最初は色付き・濁り水が出ますので透明になるまで通水してください。
フラッシングが完了したら水道からのチューブを外して元通りメンブレンからのチューブを接続してください。

【リストレクター&フラッシングバルブ】
理想的な純水生産量と排水量に設定しているため毎回水量を調整する必要がなく簡単で安心して使用できます。
ただし細かな設定が出来ません。
生産量を絞っているためメンブレンのスペック値の生産は出来ません。


純水生産位置


フラッシング位置

【微調整可能タイプ】
生産量や純度の調整が出来、ご使用環境に合わせた生産水を作ることが出来ます。

微調整バルブとON・OFFコック(フラッシング系統)の2系統となっています。
RO水製水時はON・OFFコックを閉じて微調整バルブを経由し、フラッシングの際は微調整バルブはそのままでコックを開いて洗浄水を流します。


メンブレンで約97%の不純物の除去を行います。(25℃での使用時)
使用開始時は少々高い値を示すことがありますが暫く使用すると安定します。