75ガロンメンブレンについて

75ガロンメンブレンの取り付け初期の処理能力が低い

当メンブレンはDRYタイプのROの膜は水になじむのに通常1週間以上必要です。
また水温が低い時期は2週間から1カ月位必要な場合があります。
水に馴染んでからが本来の処理能力となります。


50GPDと75GPDの処理能力の違い

メーカー発表では同じ膜を50GPDと75GPDとでは巻き数が違うだけで処理能力も同じということになっています。
ただ数が多いということは水の通り道が狭く密着状態に近いように思われますので50GPDに比べると水に接する面が偏り気味になり効率にバラつきが出やすい可能性があり、その結果、水になじむのに時間それなりに時間がかかると思われます。
また比較する場合は同じ水圧、水温、排泄水の割合にしないと処理能力に差が出てきます。


製品のばらつきについて

濾過能力には、製品のバラつきも有ります。
メーカー発表では、平均濾過能力と表現されていて96%と書かれています。
あくまでも平均ですので低いものもあれば高いものもあります。