変換アダプター

取り付け方法

? レギュレターのボンベ挿入部のパッキンが取り付けているか確認してください。パッキンにキズ・破損等がありましたらアダプターを取り付ける前に交換してください。


? アダプターのパッキンにキス・破損がないことを確認してください。
(アダプターにははじめからパッキンを取り付けています。)


? レギュレターにアダプターを取り付けます。このときスパナなどの器具は使わないでください。レギュレターやアダプターを破損する場合があります。




? アダプターにボンベを取り付けます。少しガスが吹き出しますが、そのまま一気にねじ込んでください。


取り扱いの注意

● 一度ボンベを取り付けたらガスが完全になくなるまで絶対にはずさないでください。(ストップ機能は付いていません。)
● レギュレターにアダプターを取り付けてからボンベを取り付けてください。
● アダプター側面の穴は塞がないでください。(下記参照)
● ネジ径の合わないボンベ・レギュレターへは使用しないでください。
● レギュレターメーカーの公認商品ではありません。レギュレターへの取付けは自己の責任において行ってください。
● 炭酸ガス以外は使用しないでください。
● CO2ボンベの取付けはCO2ボンベの取扱説明もご覧ください。
● お子様の手の届かない場所で使用してください。


アダプター側面の小穴はガス抜きのための穴です。絶対に塞がないようにしてください。

パッキンについて

● アダプターのパッキンはボンベ挿入部(メスネジ部分)の奥に取り付けています。パッキンが付いていない場合はボンベを取り付けないでください。


● パッキン取り付け済みですが、パッキンが付いていないこともありますのでボンベを取り付ける際は必ずパッキンの取り付けの有無の確認を行ってください。


ガス漏れする場合は

? 更にボンベをねじ込んでください。(ガス漏れがとまらない場合は?へ)
? ボンベが空になってからボンベをアダプターから取り外してパッキンを確認してください。
・パッキンが取り付けていなかった場合は → パッキンを取り付けてください。
・パッキンが破損していた場合は → パッキンを交換してください。
・パッキンに問題がない場合は → 当店までご連絡ください。
 
※いかなる場合であってもガス漏れによるボンベの補償は致しません。