スピードコントロラーの調節方法

■微調整方法




一番先にあるネジが微調節ネジ、微調節ネジと本体の間にある皿状のネジが微調節固定ネジです。
(他のページでは微調整ネジ、微調整固定ネジと表示している場合があります。)

?微調節固定ネジを微調節ネジ側にいっぱいに止まるまで回してください。(下図A)
(微調節ネジと微調節固定ネジがくっついた状態にしてください。)

?微調節ネジを右回りにいっぱいに止まるまで回してください。(下図B)
(本体にくっつくぐらいまで回してください。軽く止まったところで止めてください。この状態が閉になります。)

?スピードコントローラーをゆっくりと回しながら最適なCO2の添加量を調整してください。(下図C)

?微調節固定ネジを本体側に回して添加量の位置を固定してください。(下図D)
(固定は必ずしも必要ではありません。)



CO2添加量はバブルカウンターの気泡などで確認してください。


■取り扱いの注意

CO2を多めに出した状態から絞りながら適量のところで止める方法は、時間が経過すると流量(添加量)が変わったり、止まることがあります。調節する場合は必ず、少しずつ開きながら適量になったところで止める方法で行ってください。

スピードコントロラーBは低流量タイプのため一気に炭酸ガスを流すと流量調節ができなくなることがあります。
もし調節ができなくなったらスピードコントロラーBに耐圧チューブを取り付け端を指で抑えて炭酸ガスを流し、炭酸ガスが溜まったら指を離して一気にガスを抜いてください。

スピードコントロラーからバブルカウンターまでのチューブが長い場合、また逆止弁が間に入っている場合、微調整がしにくい場合があります。

スピードコントロラーは、流量(CO2添加量)を調節するものです。CO2添加の入・切にはできるだけ使用しないでください。ハンドバルブ・ボールバルブ・電磁弁の使用をお勧めします。