バルブ(電磁弁)を閉じてもCO2が止まらない

CO2を霧状にして拡散するタイプ(ガラス拡散器、CO2アトマイザーなどセラミックプレートを使用したタイプ)はチューブ内にある程度の圧力が掛かっています。CO2を止めた後もチューブ内の圧力が下がるまでCO2が流れ続ける場合があります。