大型ボンベ接続アダプター

【取り付け時の注意事項】
●取付けは特に難しいことはありませんが、高圧を扱うものですのでボルト締めは確実に行ってください。
●パッキンはアダプター、レギュレターともに必ず取り付けてください。
●パッキンにキズ・破損があれば交換してください。ガス漏れの原因となります。
●アダプターを取り外すときは、必ずボンベのバルブを閉じてください。 

【取り付け方法】
大型ボンベ接続アダプターは写真のようにオスネジとメスネジ(袋ナット)の2つのネジで構成されています。


取付順序はレギュレター・アダプターどちらが先でも構いません。
以前はレギュレターを先に取り付ける方を案内していましたが、取り付けし易いボンベに先に取り付ける方をご案内します。

袋ナットにオスネジを通してから袋ナットを大型ボンベに取付し、軽くレンチで締めてください。

次にレギュレターをオスネジに取付します。手で締められるところまで締め付けてください。(レンチなどは不要です。)
※この時アダプターのオスネジが一緒に回る場合は袋ナットを更に締めてください。

レギュレターの向きが希望の向きと異なりますのでレギュレターを取り付けした後に最初の締めけた袋ナットを

緩めて希望の向きに変更してから袋ナットを締めなおしてください。このときは軽くでは無くしっかりと締め付けてください。

レギュレターの閉じた状態でボンベのバルブを少し開いてください。
ボンベとアダプターの接続部、アダプターとレギュレターの接続部を石鹸水などを塗布してCO2が漏れていないか確認してください。

※必ずガス漏れ点検は行ってください。


【パッキンについて】
アダプターのパッキンは写真のようにネジで固定しています。
(白い部分がパッキンです。)

※パッキンの交換はネジをはずして行います。が中央の銀の部分にマイナスの溝が付いています。


【取り扱い上の注意】
●大型ボンベ接続アダプターを取り付けた場合、レギュレターの故障・事故が発生いたしてもレギュレターメーカー補償対象外となります。
●パッキンはレギュレター側、大型ボンベ接続アダプター側ともキズ・破損がないか確認して取り付けてください。大きなキズ・変形・破損があれば新しいものと交換してください。 
●炭酸ガス以外は使用しないでください。また酸素には絶対に使用しないでください。 
●アダプターを落としたり強い衝撃を与えないでください。アダプターにひび割れなどがありましたら使用しないでください。 
●故障していると思われるレギュレターには取り付けないでください。 
●ボンベが暖かくなっているときは使用しないでください。冷ましてから使用してください。 
●使用中に異常を感じたら使用を中止してください。 
●ビールサーバー用としてご使用ください。ビールサーバー以外でのご使用はメーカー保証対象外となります。ビールサーバー以外にご使用になる場合は自己の責任において行ってください。 
●レギュレターの説明書もあわせてお読みください。 
●お子様の手の届かない場所で使用・保管してください。