耐圧チューブとエアーチューブの違い

耐圧チューブとは
CO2添加でいう耐圧チューブは通常ウレタン製の外径6mm、内径4mmのチューブです。
ウレタン製の中にはソフトウレタンと呼ばれる軟質のチューブもありますがこちらはワンタッチ継手への直接取付が出来ません。ソフトタイプ以外であれば、ウレタン製でなくても使用は可能です。ウレタン製が価格が安く使い勝手がいいため各メーカー(ADAなど)で採用されています。
CO2添加では レギュレターとスピードコントローラー、電磁弁などCO2を制御する機器の間の圧力が掛かる部分の接続に使用します。

エアーチューブとは

外径6mm、内径4mmのビニール製チューブです。材質は各種あります。
CO2添加ではスピードコントローラーなどからCO2逆止弁、カウンター、拡散器の間に使用します。
圧力負荷の少ない部分の接続に使用します。


■耐圧チューブとエアーチューブの違いを簡単に言うと
⇒耐圧チューブはレギュレターからのガスの圧力に耐えることのできるチューブでエアーチューブは耐えることが出来ません。

それじゃ、CO2添加をする場合にレギュレターを使うと耐圧チューブでないとダメなのですか?
⇒そうではありません。
レギュレターを使ってチューブに圧力が掛かっている状態は電磁弁やスピードコントローラーを使用してCO2の流れを制御している場合です。

電磁弁やスピードコントローラーで制御していない場合は圧力が掛からないのですか
⇒CO2を添加している場合は大気に開放している状態となっているためチューブに圧力が掛からず大気に逃げている状態となっています。このためエアーチューブでもOKです。

ADAなどのアクアリウムメーカーのレギュレターにはスピードコントローラーが一体になっています。電磁弁や別途スピードコントローラーを接続しないのであればエアーチューブのみでOKとなります。
当店のR911や電磁弁一体型にすればエアーチューブのみで接続はOKです。

!ただし、レギュレターやスピードコントローラーのチューブ接続口はワンタッチ継手になっています。直接エアーチューブは取り付けできないので少しだけ耐圧チューブが必要となります。
(耐圧チューブ付きチューブジョイントなどがお勧めです。)



微調整のできるレギュレターでCO2を添加するだけだったらエアーチューブのみでOKってことですか。
⇒そうです。

でもエアーチューブだとレギュレターの圧力に耐えることが出来ないみたいなので心配です。耐圧チューブだけで接続してもいいのですか。
⇒耐圧チューブだけのでOKです。 
!ただし、耐圧チューブは硬いのでCO2添加用品に接続がし難いです。(チューブの接続部分がきついです。)また取り外しも難しいです。
その代わりチューブが外れ難いといったいメリットが生じます。
裏技としては耐圧チューブをお湯で温めれば柔らかくなり接続し易くなります。

耐圧チューブが必要な箇所はどの部分になるのですか。
⇒レギュレター、電磁弁、スピードコントローラー、分岐パーツの間です。

耐圧チューブが必要な所でエアーチューブを接続したらどうなりますか。
⇒チューブが破裂することがあります。
ただ、通常は耐圧チューブの必要なとことはワンタッチ継手になっておりエアーチューブの接続が出来ません。間違って取り付けることはまずないでしょう。

ということは、ワンタッチ継手になっている所は耐圧チューブで接続すれば大丈夫ってことですね。  
⇒100%言い切れることはありませんがワンタッチ継手同士を接続する場合は耐圧チューブ、ワンタッチ継手とそうでないジョイント(チューブ接続部)を接続する場合はエアーチューブでもOKということになります。
(上記にも記載していますがワンタッチ継手には直接エアーチューブは取り付けできません。)

耐圧チューブとエアーチューブを接続するジョイントってどんなものがありますか 
チューブジョイントがお勧めです。耐圧チューブとエアーチューブの接続用ジョイントはこちらのページをご覧ください。

【耐圧チューブのデメリット】
●価格がエアーチューブに比べ高い
●チューブが硬いため逆止弁やカウンター、拡散器に接続し難い
●ガラス製品は上記の接続が難しいため取り付けの際、破損する恐れがある

【耐圧チューブのメリット】
●デメリットの接続がし難い代わりに取り付けた後は外れにくい
●チューブの膨張がエアーチューブに比べ少ない。(下記参照)
●チューブが長くなる場合、エアーチューブよりCO2添加の微調整がし易い場合がある(必ずとは限りません。添加環境によります。)

【チューブの膨張について】
CO2を霧状にして添加するタイプの拡散器ではチューブ内にCO2が溜まり(満タン以上)圧力が掛かってから初めてガスが霧状になって出てきます。エアーチューブの場合は柔らかいためチューブが多少膨張します。このため耐圧チューブに比べ満タンになるまで少し時間がかかります。(大きな差はないとは思いますが・・・)


【用語説明】
ワンタッチ継手

耐圧チューブを差込むだけで簡単にチューブの接続ができる継手です。エアーチューブは接続が出来ません。

電磁弁
電気でCO2の流れをON・OFFします。タイマーと組み合わせすれば自動でCO2のON・OFFが出来ます。

スピードコントローラー
CO2の量を調整します。ADAなどのアクアリウム用レギュレターの調整つまみの部分のことです。

M5ネジ固定の接着剤の使用について

M5ネジ同士を接続する場合に、ネジを固定するため接着剤を使用したいと、問い合わせがあります。

接着剤の種類にもよりますが、ネジが緩んだりしたりした際に破損した接着剤が粉々になり破片がや粉状になったものが配管内に入る恐れがあります。
また接着剤の使用でガスケットが変質したり、その他何らかの異常を生じる場合が無いとは言い切れません。
出来ればネジ止め剤を使用をお願いいたします。

どうしても接着剤で固定したい場合は、お勧めはしませんが木工用ボンドが向いていると考えられます。
木工用ボンドの場合、粘り気があるのと、硬化したボンドは破損しても粉々になることもほとんどないと思います。

なお使用したことによって何らかの影響については、一切検証はしていません。
使用に関しては自己の責任において行ってください。
あくまでもネジの固定はネジ止め剤の使用をお願いいたします。

大型ボンベの導入

■ 大型ボンベの確保    
大型ボンベを確保するにはボンベの購入とレンタルの2つの方法があります。

1.購入
溶接などの工業用酸素を扱っているお店で購入できます。「タウンページ」で酸素の頁を開けは見つかります。価格は、容量にもよりますが、ボンベ本体1万円から2万円ぐらいです。
ボンベ本体とガスは別に販売していることが多いので「充填済みのボンベ」と注文してください。

2.レンタル
酒屋では、生ビ−ル用の炭酸用に大型ボンベをレンタルしています。
価格はお店によって異なることがありますが、だいたい保証金5000円(初回のみ)、充填料2000円です。
ビールル樽の販促用のものですので酒屋にとってレンタルだけではメリットはないためなかなか難しいと思います。取引のある酒屋や、知り合いなどのルートで確保するといいでしょう。


【購入・レンタルのメリット・デメリット】
■購入のメリット
・自分の希望するサイズ(容量)のボンベを選べる。
・簡単に入手できる。

■購入のデメリット
・レンタルに比べコストがかかる。
・充填に数日かかる場合がある。
・5年に1回検査が必要なため、検査に時間がかかるのと検査費用がかかる。

■レンタルのメリット
・コストが安い。
(保証金とガス代だけで入手できる。ボンベを返却すると保証金は戻ってくる。)
・充填は、空ボンベと充填済みボンベを交換するだけ。

■レンタルのデメリット
・酒屋と付き合いがないと確保が難しい。


【大型ボンベを導入するに当たって】
レギュレター以外は小型ボンベの場合と同じです。大型ボンベだから必要なも・変更にものはありません。


【レギュレターの確保】
レギュレター大型ボンベ用を購入してください。小型ボンベ用は取付けネジが異なるため取り付けることができません。
◎小型ボンベ用レギュレターをお持ちの方
汎用ボンベ用レギュレターをお待ちであれば大型ボンベ接続アダプターを介して大型ボンベに取り付けることが可能です。

レギュレターを取り付けるのに大型のレンチが必要です。
交換の時のみ使用するものですが必需品です。購入はしておく方がいいでしょう。サイズは30mmです。


【大型ボンベ用レギュレターと小型ボンベ用レギュレターの違い】
違いは、取付けねじ径が異なるだけです。小型ボンベ用レギュレターの大型ボンベ接続アダプターを介して取り付けても問題はありません。
A○A社の大型ボンベ用レギュレターは小型ボンベ用レギュレターに大型ボンベ接続アダプターを取り付けたものです。(大型ボンベ接続アダプター部分を取り外しても汎用の小型ボンベには取り付けられません。)


【大型ボンベ使用上の注意】
炭酸ガスは気温によってボンベ内圧が変わります。特に高温の場合ボンベ内圧が高くなり暴発する恐れがあります。夏の炎天下や車の中には置かないでください。
ボンベを横にしないで必ずたてて使用してください。ボンベの中はの炭酸ガスは液体です。ボンベを横にするとレギュレターに液体のまま侵入し、凍結し故障の原因ととなります。


※大型ボンベが手に入らない場合は当店までご相談ください。