TDSメーター

使用方法
?キャップを外して本体のON/OFFスイッチを押します。液晶画面に数字が表示されます。
?センサー部を測定液に入れ数値が安定するまでゆっくりとかき混ぜてください。
※ウォーターレベルより水面が下になるようにお使いください。水面がウォーターレベルより上になると内部に水が入り故障の原因となります。
(ウォーターレベルは本体に小さな点が付いています。また下の画像を参考にしてください。)
?数値はセンサー部を測定液にいれたまま読んでください。測定液から引き上げると数値が変化します。
※測定液を測定数値を表示した測定液から引きあげる場合はHOLDスイッチを押して数値を固定してください。
※温度を読む場合はTEMPスイッチを押してください。(水温計付きのみ)
?使用後はON/OFFスイッチを押して液晶画面が消えたことを確認してください。
?きれいな水でセンサー部を洗ってからキャップを取り付けて保管してください。
※自動停止機能付きです。電源ボタンを切り忘れても10分後に自動で切れます。

電池の交換
ONにしても液晶表示が出ない、正常な数値を示さない、液晶表示が薄くなった場合は電池の交換時期です。
?本体上部の電池ホルダをゆっくり引き上げてください。
?電池ホルダーから電池をすべて取り外してください。
?新品の電池を極性を確認しながら電池ホルダーにセットし、電池ホルダーをゆっくりと本体に差し込んでください。
※電池はSR44ボタン電池2個です。


(画像は水温計付きです。)

校正方法
?校正液をキャップに2/3ほど入れて本体にゆっくりと差込みます。
?1分ほど放置し数値が安定したら本体裏面の校正ネジを小型のマイナスドライバーを使用して微調整し、表示を校正液の数値にあわせてください。


■FAQ
・液晶が薄い、数値が安定しない
 ⇒電池が弱っています。電池を交換してください。

・水から出すと数値が000PPMになる。
 ⇒水から出しても数値をそのままにする場合はHOLDスイッチを押してください。

・毎回校正する必要はありますか?
 ⇒実験など正確な数値を求められる場合は毎回校正する必要がありますが観賞魚用として使用する場合は数回後との校正で大丈夫です。

・海水は測定できますか?
 ⇒海水や汽水、薬品を多く添加してた水は測定が出来ません。エラー表示になります。


HMデジタル社製 メーカーホームページ
・測定範囲 0〜9990ppm
( 0から999まで1PPMで単位で表示、1000から9990までは10PPM単位で表示
・測定温度範囲は0から50℃
・誤差は±2%
・電源を切り忘れても自動でスィッチが切れます。
・ボタン電池 SR44 2個付
・サイズ 155mm x 31mm x 23mm

フードタイマー(クラックタイプ)

?フードケースをはずして電池を入れる。電池を入れたらフードケースを取り付けてください。

※矢印の部分が電池ボックスです。

?時間を設定してください。中央のダイヤル(黒の秒針があるダイヤル)をまわして今の時間を設定してください。


?緑色のピンを給餌したい時間にセットしてください。


?フードケースに餌を入れてフードケース上部のスライダーで餌の量を調節してください。(実使用の前に投下テストを行ってください。)

?水槽に取付台等を使用して設置してください。設置はしっかりと行ってください。
※両面テープで固定するタイプは両面テープで固定後、時間を置いてしっかりと接着が出来ていることを確認してからフードタイマーをセットしてください。両面テープで接着後すぐにフードタイマーをセットすると外れたりする恐れがあります。
※取付台は定期的に取り付け状態を確認してください。ネジが緩んでいる場合は締め直してください。

安全封板・二重安全封板

●安全封板
過熱状態になると、安全装置の「安全封板」が確実に作動し、ガスを少量ずつ放出させ、破裂や飛翔などによる事故を未然に防ぎます。
ミニガスカートリッジの内圧が上昇すると、安全封板(蓋部)にミクロの亀裂が発生。その亀裂からガスを少量ずつ放出させることで、破裂や飛翔の危険を防ぎます。


●二重安全封板
通常の安全封板の性能に、更に安全性を付加した「二重安全封板」は、万が一、外部との接触や落下などにより安全封板に穴が開いた場合でも、ミニガスカートリッジ内に設けられている二つ目の安全装置の小口径オリフィスが、ガスを少量ずつ放出させることで、充填されたガスが一気に放出されるのを防ぎ、飛翔などによる事故を未然に防ぎます。

大型ボンベとの接続部のガス漏れ

きつく締めてもガス漏れが止まらない場合は一旦レギュレター・アダプターを緩めてから再度締めなおししてください。

ガス漏れをしている状態でそのまま締めこんでもガス漏れは止まらないことが多いです。

インラインエアストーンの組み立て方

インラインエアストーンの組み立て方

エアストーンのジョイント部分にOリングを取り付けします。


キャップにOリングを取り付けたエアストーンを取り付け、ナットで固定します。
 

最後にホースジョイントに接続して完成です。
※必ずネジ部分にシールテープを巻いて水漏れ防止対策を行ってください。



完成



【お断り】
エアストーンから出るときは細かくても直添キット内、水中中で泡が結合し大きくなる可能性がありますので予めご了承ください。
なお当商品でエアーを供給した場合の効果については一切検証をしておりません。


キット内容

マーフィード2WAYレギュレターを酒屋レンタルのボンベに取付けをする場合

酒屋でレンタルしたボンベに取り付けると取っ手が邪魔で取り付けることが出来ない場合があります。

この場合は大型ボンベ接続アダプター(汎用規格)を使用すると取り付けが出来ます。

送料

こちらをご覧ください。

海外の大型ボンベを使用したい

使用は可能ですが、国内ではCO2の充填・検査は出来ません。

緑のボンベは国内の大型ボンベ用レギュレターにそのまま使用が出来ます。

グレー・黒色のボンベは規格が異なるため使用が出来ません。


小型ボンベ用レギュレターを大型ボンベ(みどぼん)に使用する場合

レギュレターとボンベの間に大型ボンベ接続アダプターを使用します。
CO2添加用品・電磁弁・スピードコントローラー等、大型ボンベを導入するに当たって追加・変更するものはありません。
今ある機器に大型ボンベ接続アダプターを追加するのみです。

マーフィード・アクアシステム・GEX・スドー、各ショップオリジナル品
大型ボンベ接続アダプター(汎用規格)

ADA
大型ボンベ接続アダプター(A型)

※大型ボンベ接続アダプターを使用するとメーカーの保証が受けられなくなります。自己の責任において使用してください。


レギュレターからカチカチと音がする

大型ボンベ用レギュレターを使用していてカチカチと小さな音がなる場合がありますが故障ではありませんのでそのまま使用できます。

ボンベの相性で音がなる場合があります。
この場合はボンベを交換すれば音は止まります。